行政書士・社労士 ご相談サイト

 

行政書士・社労士とは?

 
行政書士とは、

行政書士法(昭和26年法律第4号)に基づき、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類その他権利義務または事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む)を作成することなどを業とする者をいう。
今日では、開発許可、廃棄物処分場の許可、建設業の登録や定期的に要求される書類の提出、外国人の在留許可など、行政相手の法律手続のプロであるほか、民事上でも契約書の作成、内容証明などを行っている。さらに、行政手続法の定める聴聞・弁明手続の代理、契約書類などの代理作成もできるようになった。ただし、「事件」つまり紛争となれば、弁護士法第72条により弁護士の独占業務であるので、訴訟代理はもちろん、和解、交渉などもすることができない。
 開業するには、開業する都道府県の行政書士会を経由して日本行政書士会連合会に登録しなければならない。行政書士の報酬は、以前は行政書士会の会則で定められていたが、現在は規制緩和され、その事務所の見やすい場所に報酬の額を掲示しなければならない、となっているだけである。
日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 抜粋


社労士とは、

社会保険労務士法(昭和43年法律第89号)に基づき、社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与する業務を行う者。社労士と略称する。社会保険適用事業所は、労働者の雇用、退職に応じて社会保険の加入、拠出、給付などの手続、労務管理を行わなければならないが、中小企業は、このための専任職員を置いていないところが多い。社会保険労務士の業務は、これらの企業のための申請書などの作成や提出代行のほか、事務代理の社会保険諸法令に関する手続業務、1990年(平成2)以降新しい業務として注目されている労務管理、社会保険に関する相談・指導などである。
社会保険労務士となるためには、社会保険労務士名簿に登録し、社会保険労務士連合会に入会しなければならない。その後は独立開業と、非開業の企業勤務に分かれる。
登録社会保険労務士数は、2014年末時点で3万9283人である。
日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 抜粋




 

士業会 が推薦する行政書士・社労士

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●行政書士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●社労士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●社労士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●社労士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●社労士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●社労士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●社労士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●社労士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●社労士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●社労士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●社労士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●社労士
●●●事務所

【大阪市●●区】
●●●社労士
●●●事務所

行政書士・社労士